料金、時間割

授業料授業料

  • 入会金 10,000円(税別)
  • 設備費 1,500円/月(税別)
個別学習会の授業方針がいささかでも合わないと判断された場合、入塾後4週間以内であれば、入会金・設備費全額をお返しいたします。月謝の未指導分も全てお返しいたします。
入会金は、ご兄弟姉妹の入塾時、復塾時には不要です。
  • 四角
  • 月謝

当塾は月謝制です。月末28日までに設備費と一緒に翌月分の授業料をお振込み下さい。
年間あるいは半年分などの先取りはいたしません。

1コマ、90分+30分延長無料!(税別)

週1コマ 週2コマ 週3コマ 週4コマ 週5コマ 週6コマ
小3、4、5
中1、2
15,000円 28,000円 39,000円 50,000円 61,000円 72,000円
小6
中3
16,000円 30,000円 42,000円 54,000円 66,000円 78,000円
高1、2 17,000円 32,000円 45,000円 58,000円 71,000円 84,000円
高3
浪人
18,000円 34,000円 48,000円 62,000円 76,000円 90,000円
  • 四角
  • 追加授業
1コマあたり(税別)
中1、2 3,250円
中3 3,500円
高1、2 3,750円
高3 4,000円

【テスト前に指導日を増やしたい場合】
通常の指導曜日ではテストの準備が間に合わない場合にご利用下さい。
ご利用しやすいように割安にしています。

  • 四角
  • 240分特訓コース
240分特訓コース(税別)
~小5
中1、2
5,500円(1時間あたり1,375円)
小6
中3
6,000円(1時間あたり1,500円)
高1、2 6,500円(1時間あたり1,625円)
高3
浪人
7,000円(1時間あたり1,750円)

【1日の指導時間を延ばしたい場合】
テスト直前期など1コマの指導時間ではテスト対策が不十分な場合や、1日にたっぷり2コマの授業を受けたい場合にご利用下さい。
既に指導を受けている日を「240分特訓コース」に変更する場合は、料金から月謝の日割りを差し引いた金額をお納め下さい。
料金の参考に1時間あたりの費用をご覧ください。

  • 四角
  • 月間特訓コース
月間特訓コース(税別)
小6
中3
100,000円(1時間あたり1,042円)
高3 120,000円(1時間あたり1,250円)

【受験生にとってさらに有利なコース】
受験生のために1ヶ月の4週間(月曜から土曜まで)正規2コマ240分の授業を24日間通して行います。
中3:1時間当たり1,042円、高3:1時間当たり1,250円、と個別指導では破格の料金で提供いたします。基本的に逆転を目指す受験生対象の特別コースです。
ただし、格安なコースなので振替はできません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

  • 四角
  • 教材費・模試の費用

教材は年間で5,6冊から20冊程度仕上げます。
1冊あたり 1,000円~1,500円かかります。
模試は1回につき 3,000円~5,000円程度かかります。

▸トップに戻る

時間割時間割

  • 四角
  • 指導日

月の1日から28日までの4週間です。祝祭日は休みません。
基本的に月末の29日~31日と日曜日は、お休みとなりますが、『定期テスト直前・最中』『入試直前』『春・夏・冬の講習期間』は特別指導日として月末や日曜日であっても塾を開く場合もあります。会社組織の塾ではありませんから、生徒や保護者のご要望には極力添えるよう努力いたします。

  • 四角
  • 指導時間

()のないA・B・Cを正規の指導時間とします。

(S)・(A)の時間帯は、浪人生等早い時間から勉強を始めたい人のための特別指導時間です。
ただし、この時間帯は講師の人数に限りがございますので、特別な事情の無い方は正規の指導時間で授業を受けるようにしてください。

  • 四角
  • 当塾ならではの画期的指導時間

指導時間(90分)内で指導が中途半端になった場合、特別に無料で延長指導(最大30分)を行います。
例: Bコース終了時間6:30からCコース始業7:00までの30分は、Bコース90分では指導が中途半端になった場合、特別に無料で 延長指導を行う時間です。A、Cコース終了時も同様です。

この制度は、1回の授業で2教科の指導を行いたい!、という当塾の指導方針から発案したものです。月曜は数学、水曜は英語、金曜は国語・・・、このような指導では、つまづいていたりまだ十分に学習習慣が身についていない生徒は、決して伸びることはありません。来塾ごとに頻繁にチェックをしてあげることは、指導上最低限必要な要素です。

もし、上記のような指導を受けているとしたら、そのカリキュラムを作った方は個別指導の経験がほとんどないか、まともな研修を受けていないか、あるいはその塾として個別指導に関する学習指導法が確立していないか、のどれかであります。

延長無料
メールでのお問い合わせも受付中