• 教室トップ
  • 合格実績
  • 合格体験記
  • 職員紹介
  • 校舎紹介
  • お問い合わせ
三鷹個別学習会ニュース

2019年 大学入試変更点 (学部新設、英語外部試験利用中心)

2018.09.20

毎年のように国公立、私大ともに入試方式の変更がある大学受験です。

今年の都内近郊の変更点をまとめておきます。

ただ今年は2021年入試改革を控え、大幅な試験変更は2年前には発表するのが基本ですので、そちらの影響からか今年は大きく変更するところは少ないようです。

以下、都内近郊大学の主な変更を書いておきますので、ご参考にしてください。
主に新規学部新設と英語学部利用に絞って書きます。

青山学院大学  ・相模原キャンパスに「コミュニティ人間科学部」を開設
        ・文学部英米文の個別C日程でTEAPのスコアを得点換算化する
        ・経済学部個別B日程で大学独自入試の英語と数学に変更

工学院大学   ・全学部で英語外部試験利用入試を新規に実施

清泉女子大学  ・文学部一般2月3月入試で英語外部検定を得点換算化

玉川大学    ・全8学部ともに「英語外部試験スコア利用入試」を新規で実施。
         TOEIC Programのスコア出願条件に小論文、口述試験で選抜

中央大     ・国際情報学部新設

東海大     ・文系・理系学部一括入試で英語外部試験を得点換算化

東京電機大   ・工学部2部以外で「英語外部試験利用入試」新規実施
        ・工学部で数学満点選抜方式を採用 

日本大学    ・経済学部 一般A方式1期2期で英語外部検定利用可能に
         (個別試験と高得点の方を採用)

日本女子大学  ・人間社会学部で「英語外部試験利用入試」新規実施

法政大学    ・文学部、デザイン工学部で「英語外部試験利用入試」採用

明治大学    ・経営、国際日本、農、総合数理の全学部統一入試で「英語外部検定(4技能)」を利用可能

早稲田大学   ・教育学部での指定校推薦導入により、一般入試の募集人員削減(700人→560人) 

獨協大学    ・経済学部でセンター利用英語資格入試を新規で実施。
        一般A方式の外部検定試験活用型を廃止

詳細は各学部の要綱でご確認ください。

英語が得意な人は早めに外部試験の対策をし、積極的に利用していくことが一般受験での負担を大幅に減らしてくれるようになってきました。

1、2年生も中学で英語ができた人は高校でもどんどん先取りをして、外部試験利用を考えていきましょう。

<<一覧に戻る
メールでのお問い合わせも受付中