• 教室トップ
  • 合格実績
  • 合格体験記
  • 職員紹介
  • 校舎紹介
  • お問い合わせ
高校生教室ニュース

日本大学付属高校 基礎学力到達度テスト対策【世界史】

2018.09.27

こんにちは。つつじヶ丘個別学習会高校生教室です。

 

日本大学の付属高校における基礎学力到達度テストでは、3年次の9月テストのみ、社会が課されます。

今回は、世界史の対策をお話しいたします。

 

○範囲

<平成29年度まで>

必修問題:~第一次世界大戦(但し、ロシア革命は除く)

山川出版の詳説世界史においてp.10~p.336まで。

<平成30年度>

必修問題:~19世紀欧米の文化

同p.10~p.282まで。

 

○解答時間/配点

60分/100点

 

○難易度

易~標準

 

○平成29年度 出題 分析

語句…語句の空欄補充や人名を答える問題。

正誤…正文・誤文の判定や、文の正誤の組み合わせを答える問題。

年表…文や出来事を時代順に並び変えたり、年表の空所を埋める問題。

地図…地名と位置を組み合わせる問題。

写真…写真を見て答える問題。

・大問1 古代の東西交流

小問8 語句4題、正誤3題、写真1題

問5の写真問題以外は基本問題。今後も出題される可能性が高いので学習の際には資料集を常に傍らに置きましょう。

・大問2 中国史 周~隋

小問7 語句2題、正誤3題、年表1題、地図1題

各国史としては中国の王朝が頻出です(平成27年度大問2、平成28年度大問1、2)。

学習の際には建国者・制度(土地、税、兵制など)・反乱に注意して覚えるのが中国史マスタのー近道です。

・大問3 古代の地中海世界

小問7 語句2題、正誤4題、年表1題

ギリシャのポリス→マケドニアと、ローマ帝国に関する問題です。ギリシャ・ローマの民主制の成立過程戦争の経過年代並び替えの問題となり易いのでしっかりと整理しましょう。

・大問4 ヨーロッパ史 11~17世紀

小問7 語句0題、正誤3題、年表1題、地図1題、写真2題

十字軍から主権国家体制の成立までが範囲となっています。

ビジュアル問題が多く、語句選択(補充)の出題が全くないのが特徴的です。

教科書の本文に名前が挙がるような文化作品は必ず資料集でチェックしましょう。

・大問5 西アジア史

小問7 語句2題、正誤2題、年表2題、地図1題

小アジアやイラン高原における諸国家の興亡に関する出題です。各イスラーム王朝の場所(首都)、建国者、最盛期の王を覚えましょう。

スンナ派かシーア派かはシーア派のみ覚えて他はスンナ派と覚えれば整理が楽に行えます

・大問6 18・19世紀の欧米

小問7 語句2題、正誤3題、年表1題、地図1題

この時期はアメリカ独立、フランス革命、ウィーン体制、南北戦争など覚えなければならないことが多いです。アメリカについては独立戦争の経過はもちろん、アメリカが領土をどこから、どの時期に獲得したのか整理しておきましょう。

・大問7(選択) 暦の歴史

小問7 語句2、正誤4、年表1

・大問8(選択) ユダヤ人の歴史

小問7 語句3、正誤3、年表1

テーマ史ですが、同時代の幅広い地域に関する設問はありません。下線部の対象になっている部分の歴史を理解していれば容易に解答できるでしょう。

 

計 語句17題、正誤25題、年表8題、地図4題、写真3題

(参照 平成28年度 語句22題、正誤24題、年表7題、地図4題、写真0題)

 

○対策

年々語句単答の問題が減り図表などを利用した問題が増えております。しかしそれは決して用語の学習を軽視していいということではありません。未だに30%を占めているうえ、語句を知らないと正誤問題も答えようがありません。語句の習得はまず教科書のゴシック(太字)をしっかり覚えましょう。アウトプットの練習はマーク式基礎問題集30 世界史B(河合塾)が良いでしょう。地図なども一部収録がありますが、出題が増えていますので、資料集なども必ず活用しましょう。正誤問題は過去問を通じた対策が効果的です。広く地域・時代をまたいだ出題がないため、各国史・王朝史を中心に学習しましょう。

当塾では基本的な用語の習得から、過去問演習・弱点の総復習を行っております。

基礎学力到達度テストを世界史で受験しようとしている生徒の方は、出題が全範囲でないからと侮ってはいけません2月まで勉強するから一般の受験は全範囲なのであって、

学習の密度を考えると9月で当テストの範囲は決して少なくなく、一般受験での負担と変わりません

日本大学への内部進学を考えている方は早めに行動を起こして、自分の進路を掴みましょう!!

<<一覧に戻る
メールでのお問い合わせも受付中