• 教室トップ
  • 合格実績
  • 合格体験記
  • 職員紹介
  • 校舎紹介
  • お問い合わせ
高校生教室ニュース

2021年度 逆転の春期講習 【つつじヶ丘個別学習会高校生教室】

2021.03.02

現在の2年生の皆さんは受験まであと1年を切りました。1年生の皆さんも一年後には受験生になります。今の自分に何が足りないのか、現在適切な学習ができているのか、新学年が始まる前にしっかりと見直しましょう。

 

つつじヶ丘など調布市近郊の大学受験で逆転合格したい高校生・既卒生・中高一貫校生の皆様へ

本ページでは、特に本年度の春期講習において注目して頂きたいことをご説明いたします。
春期講習の日程や料金については、下記のボタンをクリックしてご覧ください。
春期講習のお知らせ

現高校2年生・3年生(新3年・浪人生)
共通テストが初めて実施され、2021年度は研究や対策が充実していくことでしょう。実施された共通テストに目を通すと、知識・技能はもちろん思考力・判断力を問う出題が多く見られました。もちろん思考力・判断力の土台には知識・技能があることは言うまでもありません。しかし、同じ量の筋肉をつけても素人がプロ野球選手のようにホームランを打てないのと同じように、思考力・判断力を得点に反映させるにはそれに対応した訓練が必要となります。当塾では、知識伝達型授業がメインではなく、対話・コミュニケーションを通して生徒皆さんの理解度・思考過程など解答に至った行程を探る授業を行っております。まずは自分に足りていない知識・技能の面を新学年が始まる前に定着させ、少しでも早く思考力・判断力につながる学習を始めなければなりません。

当塾では体験授業の前にヒアリング・判定テストを通して現状の学力・志望校とのギャップを判定します。それによりどこから始める必要があるか、いつまでに何を仕上げなければならないのかが判明します。知識・技能の定着は達成度を測るテストで確認し、対話が基本となる通常の授業により思考力や判断力の評価を行っております。現状の学習に不安がある方や、弱点克服のために何をすべきか曖昧だという新受験生の方は、ぜひ当つつじヶ丘個別学習会高校生教室の春期講習で逆転の一歩を踏み出してください。

 

現高校1年生・中学3年生(新高校2年生・1年生)
新高校1年生の皆さんはつい先日高校入試を終えたばかりで、まだ実感がわかないかと思いますがもう大学受験の戦いは始まっていることを意識しなければなりません。高校入学当初は中学内容の若干の振り返りはあるものの、学期が進むと中学校で学んだ内容は「知っていて当たり前」として授業は進行します。つまり中学学習内容の定着が失われていると学校の授業自体についていけなくなる可能性が高くなります。授業についていけないと内申点に影響し、結果として学校推薦型選抜(指定校推薦)の選択肢が消滅してしまいます。大学進学の選択肢として学校推薦型選抜を考えているなら、学校の授業についていきひいては内申点を確保していくためにも今まで学んだことの振り返りを春期講習などを通して行いましょう。1週間勉強しなくなっただけで、今までできていたはずのことがあっという間にできなくなってしまいます。
新高校2年生の皆さんは志望校をある程度絞った上で、受験準備として基礎学力をつけていかなければなりません。(基礎学力という考え方についてはこちら)大学入試は一般的に3教科による受験が多くなります。理科社会が暗記を前提とするものが多い以上は3年生時に学習していけば間に合います。その時に理科社会をスムーズに開始できるためには理系なら数学・英語、文系なら国語・英語は基礎学力が完成していることが望ましいです。「推薦で行くから関係ない」ということはあり得ません。むしろ総合型選抜や学校推薦型選抜を考えている皆さんこそ基礎学力の定着は急ぐべきです。その理由は、大学入試改革において①一般選抜以外にも学力試験を必須化すること、②総合型選抜(指定校推薦)でも学校推薦の先で選抜がある(=不合格となる)こと、③合格確定時期が遅く(12月)結果を見てから一般選抜の勉強を開始しても到底間に合わないこと、です。あらゆる事態を想定して対応できるようにするためには基礎学力をきちんとつけておくのが最良の方法となります。

逆転のスタートダッシュを決めたい!という方はぜひ当塾の春期講習をご利用ください。

 

 

 

メールでのお問い合わせも受付中