• 教室トップ
  • 合格実績
  • 合格体験記
  • 職員紹介
  • 校舎紹介
  • お問い合わせ
高校生教室ニュース

春期講習開講のお知らせ【つつじヶ丘個別学習会高校生教室】

2019.02.28

春期講習のご案内

つつじヶ丘など調布市近郊の大学受験で逆転合格したい高校生・既卒生・中高一貫校生の皆様へ

本ページでは、特に本年度の春期講習において注目して頂きたいことをご説明いたします。
春期講習の日程や料金については、下記のボタンをクリックしてご覧ください。
春期講習のお知らせ

この春休みは皆さんの受験を左右する重要な期間になります。
学年に応じて準備しなければいけない事柄は変わってきますが、その根底には2020年度以降(新高二生以降の皆さんから開始、新高三生以上も浪人すると該当)の大学入試改革があります。

本年度を区切りとして大学受験が大きく様変わりします。
具体的には、

➀センター試験が廃止され、大学入学共通テストが導入、一部科目で記述が出題
➁英語試験において4技能の評価が必須となる(現在スピーキングまで出題する大学はごく少数)
➂AO入試や推薦入試の制度が変わり、学力試験が課される

などです。

➀に関しては日頃から正しいやり方で勉強している生徒さんには関係ないかもしれません。しかし、問題そのものがガラッと変わってしまいます。本文から答えを探すことよりも、そこから自分の意見を的確に表現することが重要になってきます。

➁では現行の入試ではリーディング・ライティング・リスニングの能力に加えて、コミュニケーション能力の確認としてスピーキングが課されます。学校では授業に導入し始めたところもあるようですが、現行の入試ではスピーキングが課されている大学はほぼありません。ほとんど0の状態から対策していかなければなりません。

➂において、現状では学力試験がほぼ不問であるAO・推薦入試に学力評価が義務づけられます。AO・推薦入試の対策にこれが加わると負担が増すのは間違いないので、より早い時期からの対策が必要になります。

※各項目のより詳細な変化や当塾の取り組みに関しては、下記のリンク先をご参照ください。
数学・国語の記述化と対策
英語4技能化とその対策
変貌を遂げるAOや推薦 ~その実態と対策~

以上を踏まえてこの春に各学年においてやっておかねばならないことを紹介いたします。

既卒生、新高三生の皆さん

絶対に浪人しないと決意して臨まなければなりません。今まで学習指導要領の変更などで試験の中身が変わるときは移行措置がありましたが、今回はなしとなっています。つまり学校や塾などで全く触れなかった形式の入試を受けなければならなくなります。通常浪人することでアドバンテージになる部分(現役生より知識がある、本番のテストを受けているので場慣れ・形式慣れしているなど)が全く通用しない恐れがあります。
そして、浪人をしないためには受験や志望校の情報が不可欠になってきます。
第一志望校に合格するためにはどれくらいの学力が必要なのか、どういった勉強をするべきか、併願校はどこがいいのか…など、受験勉強を始める前に抑えておくべき事は多々あります。自分が目標に対して正しいアプローチができているのか不安な方は一度ご相談ください。

新高一生、新高二生の皆さん

進学・進級にともなって気が緩む時期かとは思いますが、ここが差をつけるポイントとなります。
大学進学を狙うのならば三年生になる前にしっかりと受験基礎学力を身に付けることが必要です。

【基礎学力のイメージ】

中の円が基礎学力、外の円が志望校合格に必要な学力です。
基礎学力がしっかりと養成されている場合は茶色の矢印の分が必要な学習量となり、ほとんどない場合は黄色の矢印の分の学習が必要になります。

三年生になって受験勉強を始めるとこの黄色分の学習量が必要となることがままあり、時間がかかります。当塾ではこの受験基礎学力の養成を優先して行っております。例えば英語では、当該の学生さんはリスニング・スピーキングが必須になります。聞くために、あるいは話すために必要な基礎とは何でしょうか?
逆算してみると、話すためには自分の意見を英語で表現することが必要ですし、聞くためには相手が話している内容を正確に把握することが必要になります。
つまり話したり聞いたりすることには書く(表現する)ことや読解する(把握する)ことが不可欠であるわけです。では読む・書くことには何が必要でしょうか。
当然、文法の知識があることが必要です。一口に文法といっても一人一人の習得度や得意不得意に応じて中学範囲の復習からか、高校の途中からか、といった部分は変わってきます。そこを判断していくことが、我々の得意とするところです。
また、定期試験を乗り切るために必要な学力は(各高校の定期テストの難易度にもよりますが)二つの円の間にあります。現行のAO入試や推薦入試は、新高一生や新高二生の皆さんの受験時にはそれぞれ総合型選抜入試、学校推薦型選抜入試と名称が変わり学校の成績や活動だけでなく学力試験も課されます。
より早い時期から志望校を定め、準備をしておくことが今まで以上に必要になります。

学習の進め方や入試改革の不安・対策など、気になることがございましたらつつじヶ丘個別学習会高校生教室までご連絡ください。
私たちと一緒に逆転の一歩を踏み出しましょう!

春期講習の日程や料金については、下記のボタンをクリックしてご覧ください。
春期講習のお知らせ

メールでのお問い合わせも受付中