• 教室トップ
  • 合格実績
  • 合格体験記
  • 職員紹介
  • 校舎紹介
  • お問い合わせ
合格体験記

恵泉女学園大人文学部英語コミュニケーション学科指定校推薦合格!評定平均2.3⇒3.1までアップ!!

2018.12.14

(2019年度合格体験記)

私は高校一年生の一学期の期末考査1週間後から通い始めました。勉強が苦手で嫌いな私は、テスト前でも試験日や範囲を把握してない状況で、いつも赤点のオンパレードでした。塾に通っても遅刻したり、宿題やってこなかったりと散々で全然成果がでませんでした。
 そんな私が勉強を真剣にやり始めたには、高校二年生の夏休み後からでした。大学受験のことを考えるようになり、今からでも遅くないことを言われ、指定校推薦で受験しようと決めました。そこから私は評定平均を上げるために、定期考査に力を入れて取り組むようになりました。テスト前になると、毎日塾に通い、苦手な数学に向き合い一生懸命頑張りました。
次第に結果も追いついてきて評定平均がどんどん上がり、嬉しさと同時に一年生から頑張ればよかったなと後悔しました。進路も明確にしていく中で、気づけば親よりも学校よりも先に塾の先生に相談をするようになっていました。そして高校三年生の春、受験する大学を決めました。
 この三年間本当にいろいろなことがありましたが、塾の先生方に助けられ、自分でも成長できたと実感しました。秋に無事に進路も決定し感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

教室長 前山より
ATさん、指定校推薦での大学合格おめでとう!!
あなたがもう大学生になるなんて、月日は本当に早いです。
塾に来始めのころは、典型的な勉強嫌いでしたね。あれやれ、これやれと言っても塾ではやっていましたが、できるだけ努力しないように過ごしてました。しつこくしつこく私がいろいろなことを言い続けました。最初は「はい、はーーーい」という感じ(笑)でしたが、2年生になってから、少しずつ態度と行動が変わってきました。
一番の成長は先のことを考えられるようになったことではないでしょうか。テストがあるから、塾にいって数学の問題集をやらなくてはと自分でしっかり考えられるようになりました。最後には「今回は問題集何周するから」と自分で言い出せるようになりました。だいぶ大人になったと思います。
その成長の結果があなたの成績に反映されたのです。

問題集やりながら「また同じこと先生に聞いちゃった」と言っていましたが、それでいいのです。
わからないことに対して真摯に向き合い、取り組むことが大事なのです。

成績が上がることも嬉しいのですが、何よりうれしいのは人として成長する姿を間近で見られたことです。
ありがとう。

3年近くいたので寂しくなりますね。講師のみんなも同じ気持ちだと思います。

将来英語を使って、たくさんの外国の方々の役にたつことを楽しみにしてます。

今のあなたなら確実にできます。頑張って!

<<一覧に戻る
メールでのお問い合わせも受付中